ISMSとインターネット

ISMS 認証
2005年よりお客様に対してISO27001取得コンサルティングを開始!
www.vlcank.com

現在の情報化社会ではあらゆる情報のやり取りを行うためにネット環境を利用します。
企業の経済活動にもネットは深く関わってくるため、企業がネット環境を整えるのは当然です。
しかし、ネット環境は情報処理の高速化に反してネットに情報が漏洩するリスクが生まれるためISMSで機密と運用のシステム構築が求められます。

特に昨今はファイル共有ソフトを利用した情報漏洩が問題視されているため、ネット環境はリスクが隣り合わせにある事を理解しなければなりません。
ISMSの構築した情報機密体制はルールやマニュアルによって社員一人一人の機密への知識とモラルを上げるとともに、効率的な情報運用システムを構築します。
そのため、ISMSは企業が情報を大事に扱い、情報機密を守ってくれる一つの指標となり、企業の対外信用を高めてくれます。

またネット環境はOSやセキュリティソフトなどのアップデートが容易になるというメリットがあります。
しかし、安易なアップデートはISMSのセキュリティシステムに悪影響を及ぼす危険があるため、行う場合はISMS部門の責任者が行わなければなりません。
このようにネット環境は一長一短のメリットとデメリットがありますが、現在の社会には必要不可欠なものとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です