デスクは3ゾーン整理法

書類を効率よく整理しようとしたら実はデスクの配置が重要だということはご存知ですか?

ここでは書類を分類する動きと仕事の流れを考えて、デスクを使いやすい3つのゾーンに区切るというデスク整理法を紹介します。
今の時代、デスク上には必ずコンピュータと電話と書類や資料といった物を置きますよね。

まず連絡範囲は電話を左手に置き、ちょっとした連絡事項や大切なことをメモできるようにメモ帳も置きます。
次にPC範囲としてコンピュータを中心に置き作業をします。
最後に文書範囲として、手がけている案件や書類、文書を仕分けるアイテムなどを置きます。

3つの範囲は均等にする必要なく、文書が多くあるなら右側のゾーンをを大きくします。
ちなみにこれは右利きの人の場合ですので左利きの人は連絡と書類範囲が逆になります。

そして書類を貯めないようにするためには、必ず廃棄するという作業が必要になります。
書類を右手で受け取ったなら保管するのか廃棄するのかという判断をします。

保管する分は右手で文書範囲に保管し、不要だと判断したら左手でゴミ箱に捨てます。
そのためデスクの左側にゴミ箱やシュレッダーを置きましょう。
書類整理に時間をかけずに自動化することで仕事の効率は上がっていくでしょう。